窓の断熱は温暖な三島市でも大切

温暖な気候の三島市でも、まだまだ朝晩は寒い日が続く

季節ですね。

 

みなさんは、家の中での寒さ対策は

どうしていますか?

 

ふつう暖房器具を使用して部屋を暖めますが、

部屋の熱が窓からどんどん外に奪われていることを

知っていますか?

 

カーテンを閉める事も窓の断熱になりますが、

夜ならともかく、寒いからと言って朝もカーテン

閉めっぱなしなんて事はないと思います。

 

今回は窓の断熱の大切さについてお話します。

 

冬場の窓から、壁の3倍近く熱は逃げて行く

静岡県三島市で、自然素材を使った気持ちいい家を建てる

秋山建設の秋山敦です。

冬に室内の熱が窓から出ていく割合は、

全体の5~6割です。

 

ちなみに夏は、外の熱が窓を通して入ってくる割合が

全体の7割と言われています。

 

熱の性質として、温度の高い方から低い方へ移動して

同じ温度になろうとします。

 

冬に室内をいっしょうけんめい温めても窓から

どんどん熱が逃げてしまうのです。

 

まるで穴の開いたバケツに水道水を溜めようと

しているようなものです。

 

そこで窓の断熱性能を上げる事が大切になります。

 

既存窓をリフォームで断熱効果アップ

 

その1、ガラス自体を入れ替える方法です。

特にシングルガラスの場合に有効で、専用のアタッチメント

を使用して、ペアやトリプルに変更できる優れものです。

その2、既存サッシの内側に、樹脂窓を設ける方法です。

サッシと樹脂窓の間に空気層を設ける事で

断熱効果を上げます。

 

又、窓枠全体が樹脂で出来ていますので、

枠の熱伝導率がアルミにくらべ非常に小さいため

外気温に左右されにくい所も利点です。

 

この工法はおすすめです。

 

その3、最近では既存のサッシ枠を残したまますっぽり樹脂サッシで覆ってしまう

今後、大変注目される商品だと思います。

 

新築時の窓選びについて

現在のサッシ性能は断熱効果の高いものから

木製・樹脂・複合(アルミと樹脂)・アルミ

の順になります。

 

ガラスに関してもペア、トリプルそれに加え、

材質にもフロート、Low-e、ガス入り、真空など

他にも細かく種類があります。

 

中でもLow-eガラスについてお話します。

 

ガラス表面に金属膜をコーティングしたもので、

複層ガラスに使用すると高断熱性能を上げることが出来ます。

 

サッシもガラスも色々な種類がありますが、性能が高いほど

当然、価格も上がります。

 

僕の考えでは、複合サッシにペアのLow-eガラス程度は

使用したいですね。

 

いかがでしたか?

 

窓の断熱性能を高めることの大切さがわかりましたか?

 

暖房効率が上がれば、ランニングコストは下がります。

それに結露対策にもなりますし、健康にも良いと

いうことです。

 

温暖な三島ですが、この地域の気候に合った

窓の断熱対策で快適に暮らしていただきたいと

思います。

 

秋山建設は、自然素材を多用した気持ちいい家を

得意とする建築会社です。

 

資料をご請求頂いても、電話を掛けたり、強い売込みを

するといったことは、一切ありません。

 

というよりも、少人数で営業している地域密着の

工務店ですから、腕に自信はあっても、

売り込むことは得意ではありません。

 

安心して資料をご請求</a>ください。