住宅の軒は出した方がいい

引っ込んでしまった!?「家の軒」の話。

最近の住宅の外観デザインで気になる事があります。
それは、屋根の軒が出ていない住宅です。

流行りなのでしょうか?

スタイリッシュなデザインが好きと言う方も多いのでは

ないでしょうか?

 

少し前の住宅屋根は軒が出ているのが普通でした。

 

今回、屋根の軒が出ている、出ていない住宅について少し

考えたいと思います。

 

住宅の軒とは

静岡県三島市で、自然素材を使った気持ちいい家を建てる

秋山建設の秋山敦です。

屋根の端部で雨樋が取り付けてある部分を軒と言います。

ちなみに片流れや切り妻屋根の場合、屋根の斜めの端部の

ことをケラバと言います。

 

最近、軒やケラバを全く出さない家があります。

 

確かに建築時に屋根の面積は建物の外周から出ていない分

少ないですし、軒裏の工事がありませんからコストの面

でも安くすみます。

 

しかし、そこにはいろいろな問題がある事を知って

頂きたいと思います。

 

軒が出ていると雨漏りを防ぐ

 

大雨や台風の時など大量の雨水が建物に降りかかります。

風と共に水が吹き上げられて、逆に上っていく現象などもあります。

 

軒の出がしっかりあれば、屋根と外壁との取り合いからの雨漏りを

防ぐことが出来ます。

 

反対に軒がないと屋根と外壁の取り合いにダイレクトに影響するため、

雨漏りのリスクが大きくなります。

 

軒が出ていれば外壁に直接雨がかかる量を

減らすことが出来ます。

 

サッシ廻りからの雨漏りを防ぐことも出来ますし、

外壁自体の劣化も遅らせることが出来ます。

 

軒が出ていると日差しの調整になる

建築用語でパッシブデザインと言う考え方があります。

太陽の光や熱、風を上手く利用するデザインです。

 

軒の出を利用して、窓から取り込まれる夏の強い日差しを

遮ることが出来ますし、冬の暖かい日差しは取り込むこと

が出来ます。

 

年間を通して冷暖房にかかるコストも減らすことが出来ます。

 

軒が出ていると給湯器などの寿命も延びる

 

給湯器や室外機は、いつも雨にさらされているよりも

雨にぬれにくい軒下のほうが故障しにくいし、

耐用年数も延びます。

 

車を車庫に入れておくか、青空駐車するかの違いと言えば

分かりやすいと思います。

 

どうですか?

 

軒が出ている方がいいと思いませんか?

 

・雨漏りを防ぐ

・外壁の劣化を遅らせる

・日差しの調整になる

・住宅外部の周辺機器の寿命が延びる

 

結局、住宅の軒を出す事って、人間でたとえるなら

雨降りに大きな傘をさしたほうが濡れないという事です。

 

濡れないほうが建物も湿気ないし、傷まないのです。

 

最近流行りの住宅のようにデザイン性も大事ですが、

何十年も住む家が雨漏りしたり、

 

外壁の劣化により、塗り替えサイクルや屋外設備機器の

寿命が短かくなることで、メンテナンス費用が増えて

しまうなんて本当に嫌ですよね。

 

住宅を建てる時に、この話を思い出して下さい。

きっとお役に立つと思います。

 

秋山建設は、自然素材を多用した気持ちいい家を

得意とする建築会社です。

 

資料をご請求頂いても、電話を掛けたり、強い売込みを

するといったことは、一切ありません。

 

というよりも、少人数で営業している地域密着の

工務店ですから、腕に自信はあっても、

売り込むことは得意ではありません。

 

安心して資料をご請求ください。