住宅の結露って本当は怖いって知ってますか?

寒い冬、窓ガラスがびしょびしょになっているのを見ると

いっそう外の寒さを感じたりしますよね。

 

結露って家で生活して行く中で、切っても切れない関係の話です。

 

結露が住宅や人へどのように影響するのか、

どうやって付き合って行くのかをお話ししたいと思います。

 

結露にも種類があります

静岡県三島市で、自然素材を使った気持ちいい家を建てる

秋山建設の秋山敦です。

住宅内の温度と湿度の環境を考えた時に

結露現象は多かれ少なかれ避けることは出来ません。

 

住宅の結露は表面結露と内部結露に分けられます。

 

表面結露は窓ガラスやアルミサッシなど

目視できるところに水滴がつく現象です。

 

内部結露は壁の内側や床下、天井裏など室内と比較して、

温度の低い部分に室内の空気が侵入して冷やされて

 

結露が発生します。

 

結露というと冬場を想像する人も多いいですが、

逆転結露といってエアコンなどで冷やされた住宅では

湿った空気が壁の内部に侵入して結露が発生してしまいます。

 

結露が及ぼす人と住宅への影響とは?

まず人への影響はどうでしょうか?

 

結露で濡れた窓ガラスや床などを放置していると

カビが発生します。

 

そしてそれを食べるダニも増え、ダニのフンも増えます。

もうお解りですよね。

 

そうです喘息やアレルギー疾患の一因と言われており

健康面でも非常に問題な話なのです。

 

つぎは住宅への影響はどうでしょうか?

 

結露によって木の腐食や金物のさびを発生させてしまう

原因になり、建物の寿命を縮めてしまいます。

 

結露対策の考え方

まず室内での水蒸気を発生させない。

 

暖房器具を使用する場合、

燃焼タイプ(石油ストーブ、ファンヒーター、など)を使わず、

 

輻射熱を利用するタイプ(エアコン、床暖房、オイルヒーター、など)

を使用します。

 

次に換気をしっかり行う。

 

料理の時やお風呂の時などは

水蒸気を絶えず発生させている状態です。

換気扇をしっかり使って換気をしましょう。

 

現在の住宅は24時間換気が義務化されていますが、

寒いからと換気扇を止めてしまったりしていませんか?

 

適度な換気は非常に大事です。

 

ちなみにある程度気密のある住宅でしたら、

熱交換型の換気扇を設置するのがおすすめです。

 

給気と排気を同時に行い室内温の空気を排気するときに

外気温の空気にその熱を伝えることが出来ます。

 

したがって外からの冷たい空気がそのまま入って

きませんので快適です。

 

どうですか?

 

結露によって人や建物にいろいろな影響が

あることがわかったと思います。

 

生活してゆく中で気にかけているだけでも違います。

 

室内では水蒸気をなるべく発生させない。

 

室内の換気はこまめにおこなう。

 

温度と湿度を上手くコントロールしましょう。

 

最後に新築やリフォームの時に、

内装材に自然素材を使用してみるのもいいと思います。

 

無垢の床板や壁、天井に珪藻土などを使用すると

吸湿作用によって、結露現象を軽減できると思います。

 

秋山建設は、自然素材を多用した気持ちいい家を

得意とする建築会社です。

 

資料をご請求頂いても、電話を掛けたり、強い売込みを

するといったことは、一切ありません。

 

というよりも、少人数で営業している地域密着の

工務店ですから、腕に自信はあっても、

売り込むことは得意ではありません。

安心して資料をご請求ください。